読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらひらひらめき

ヘイのブログ

アヤメの妖精☆。.:*・゜……妖精が居てくれる!

昨日と今日で完成しました、
あやめの絵です。



f:id:haystore:20170309204349j:plain



ショウブと和服の坊やのような妖精を
イメージして描き始めましたが、
仕上げてみると、


→→→アヤメと、西洋風の妖精さんになっちゃった。

アイリスのフェアリーと言った方がしっくりくる
こんな子になりました☆。.:*・゜


ちなみに、今回描くにあたって少し調べたら、


「ショウブ」
「アヤメ」


はどちらも
「菖蒲」と書くそうです( Ꙭ )!


難しいですね…


アヤメは「文目」から来ているそうで…


んー?ますます混乱しますが


とにかくアヤメを描きました(???)



◇ ◇ ◇



ところで……

昨日、下描きをしたあと出かけたんですが
感覚の鋭い方、いわゆる見える方に会う機会がありました。


それで、、、



「HAYさんの周りは、妖精がたくさんいます」


え!?!?



「ヒラヒラしたドレスを着てますね」


!!!!

えっ、なんか、なんか、(๑º△º๑)


さっき描いてたあの妖精さんじゃないの??


なんたって、この方は私が絵を描いていることすら知らないんです。

妖精の絵を描いていることなんて、ちっとも知らないんです、初対面です!


びっくりした、びっくりした、びっくりした。


そして、、なんだか涙がとまらなくなっちゃってました、、



◇ ◇ ◇



私は、今年に入ってから、
気がついたらフェアリーを描き始めていたんですが、


(でもそれでどうなるの、どうするの、
絵なんて描かないで、
またパートした方が役に立つよ、
お金ももらえるよ…)


と、ときどきエゴがささやく日々なんです。


正直、仕事も辞めちやって、
絵を描き続けることに意味は有るのか?と
自信が無くなることも多いヽ(´ー` )


けれど、
描いているとき、神聖な世界と通じているということは
疑いの余地はないほど
信じきっているんですよね…


それを、妖精らしき存在がそばに居て、

「私たちはあなたをちゃんと知ってるよ」

「もっと描いてね~♪」


妖精に言ってもらったように感じて、


嬉しくて涙が溢れたんだと思います…


文目ちゃん(←名前を付けてみた)の絵にしても
ほかのものも、
決して上手いとは言えず…



それでも描き上がったのが
とても嬉しい一枚になりました☆。.:*・゜

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村